<< 春の加速・・・ 春は一気に・・・ >>

春蘭・・・

天気が安定して、あたたかくなると、やっぱりガーデニングをしたくなるようで、

かみさんがバーク堆肥がいるというので、能勢町のコメリへ・・・

そこまで行ったら、ということで能勢温泉の近くのSoto diningへ寄ってきました。

そこは隠れ家的な雰囲気があって、口コミで客足が絶えない人気スポット。

Sotoはスペイン語で雑木林という意味らしいのですが、その木立に毎年春蘭が・・・

亭主に聞くと、咲いていますとのうれしい言葉。たくさん撮ったので一部を見て下さい。

春らしい優しい色合いで、大好きな蘭です。


▼ 春蘭・・・花茎と花を食べるらしいけれど、もったいない・・・
f0198771_056316.jpg
f0198771_058186.jpg
f0198771_0584548.jpg
f0198771_0591993.jpg

▼ Soto diningの店内・・・豪快に木が組み合わされて、外観から想像できない・・・
f0198771_14075.jpg

▼ 古いミシンが何台も・・・
f0198771_145662.jpg
f0198771_163915.jpg
f0198771_164596.jpg

▼ 店内・・・
f0198771_193113.jpg
f0198771_183715.jpg

▼ 駐車場に鯉のぼりが・・・でも風変わりな・・・実は岡本太郎のデザイン・・・おもしろい・・・
f0198771_1122371.jpg
f0198771_112254.jpg

▼ 木立で見つけたスミレ・・・
f0198771_1142843.jpg

▼ 帰宅は回り道したら、寒天作りの最終段階か、干してありました・・・
f0198771_117330.jpg
f0198771_1171868.jpg

by fresco1939 | 2009-04-09 01:26 | | Comments(2)
Commented by hyblaheraia at 2009-04-09 09:09
寒天はこうして干すのですね。初めて見ました。春蘭という花も初めてです(こちらではいつも初めて見るお花ばかりですが・・・)。花の形が面白いですね。緑の毛布をかぶっているみたい。
地震のニュースと大声でまくしたてる討論番組に疲れて、こちらに来ました。ほっとした時間をありがとうございました。
Commented by fresco1939 at 2009-04-09 11:26
hyblaheraiaさん・・・寒天はテングサを煮出したものを固めて、ところてんを作る道具で押し出して
すのこに置いてゆくようですね。ですから高さも低いのでしょう。凍結と乾燥で、この場所は山間にあって
よく冷えるようですが、今は1軒しか作っていないようです。我が家から7㎞ぐらいです。
この寒天は糸寒天です。信州では今もさかんに作っているようですが、温暖化でどうなるでしょうね。
春蘭、緑の毛布・・・おもしろい表現ですね。討論番組は疲れますね。あの無神経さには我慢できない。
あの予知の話、日本でも研究されていて興味があります。いかに知らせるかはむずかしい問題ですね。
以前にアッシジで地震があって聖堂の壁画が崩れましたが、その後に行ってみたら見事に復元されていて
驚きました。また街が復元されるのを期待していますが、今度は耐震化も考えて欲しいですね。
<< 春の加速・・・ 春は一気に・・・ >>